いろいろな入れ歯

総入れ歯とは?

自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。
総入れ歯は床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に人工歯が並んでいて、噛み合わせや、審美を回復させる目的で使います。
総入れ歯は、口の中に固定するための部分がないので、入れ歯と歯茎の吸着力だけが頼りです。

部分入れ歯とは?

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。欠損が1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まであります。
バネをかける歯を「鉤歯」、または「維持歯」といいます。ブリッジが抜いた歯の両隣の歯(支台歯)を多く削って被せるのに対し、部分入れ歯は鉤歯を少し削るだけですむのが利点です。ブリッジが設計できないような何本も欠損がある場合にも適応できます。
ただし材質、治療法によっては、ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどによる違和感があり、食べ物がつまりやすいなどの欠点があるものもあります。

いろいろある入れ歯の種類

金属床の入れ歯 (保険対象外)

床を薄く作ることができ、フィットがとても良いです。食べ物の温度もよくわかることから食事の味がよくわかると定評があります。違和感が少なくなるように上あごの内側を金属に置き換えることが多いです。
しっかりとした金属でフレームが作られているため、丈夫で割れることもなく、長期間使用して人工歯がすり減ったり、床の合成樹脂が劣化した場合でも顎の粘膜の状態が変わらなければ、人工歯や床を取り替えたり修理することで、新品同様になることもあります。以前デメリットと言われていた金属部分の修理もレーザー溶着という技術で修理も可能になり、長期間の渡って使えるメリットがあります。
総入れ歯や、部分入れ歯など様々な入れ歯に使われます。
デメリットは金属アレルギーがある場合には使えないことです。

ノンクラスプデンチャー入れ歯 (部分入れ歯)(保険対象外)

弾力性のある樹脂を使った入れ歯で、金属バネを使用せずに入れ歯が固定できるのが特徴。バネがないので見た目が良く違和感が少ないです。歯の残り方によっては、コンパクトに作ることも可能です。
金属をほとんど使わないため、入れ歯をしていることに気づかれにくい特徴もあり、スマイルデンチャーとも呼ばれています。
デメリットは4~6年程度で作り直さなければならなかったり、修理が難しいこと。全ての入れ歯の形には対応していません。

コーヌスクローネの入れ歯 (保険対象外)

入れ歯と差し歯が一緒になっている感じ。穴に歯が入り込み固定されるためバネが全く見えません。他の入れ歯より強固に入れ歯を固定するため、しっかりと噛めるのが特徴です。
歯に巻き付ける「バネ」の代わりに、自分の歯を被せもので突起状にし、さらに入れ歯に取り付けた被せものが突起に被さるようにして入れ歯を固定する方法です。
デメリットは土台の歯を削らなくてはいけないこと。
作るのにかなり高度な技術が必要です。

マグネット式の入れ歯(保険対象外)

入れ歯側にマグネットを取り付け、歯の根の上においた金属に磁力で吸着をさせる方法。すべての症例で使用できるわけではありません。磁石ということでMRIで問題になる場合は入れ歯を外せばOKです。
デメリットは対応する歯がないと使用できない点。

アタッチメントタイプの入れ歯 (保険対象外)

歯と入れ歯を固定する部分に小さくて精密な部品を使用し、クラスプと呼ばれる歯に巻き付ける針金状のものを使用しない方法。
デメリットは自分の歯に装置の一部を取り付けたり、被せたりしなくてはならない点。装置も若干高価。

インプラント併用入れ歯 (保険対象外)

インプラントをあごの骨に数本埋め込み、その上に入れ歯を固定する装置を取り付け、入れ歯をガッチリと固定する方法。
デメリットは手術が必要で費用が高額になりやすい事です。

人工歯(保険対象外)

保険対象外義歯では、使用する材料の制限がないため、患者さんひとりひとりのお口の状態に合わせた人工歯を自由に選ぶことができます。

オプション(保険対象外)

歯茎が痩せている場合、保険外診療の入れ歯では、入れ歯の当たりやすい部分に軟性樹脂を裏打ちして歯茎に対するアタリをソフトにできるオプションの選択もできます。

レジン床の入れ歯 (保険対象)

義歯床がピンク色のプラスチックでできています。部分入れ歯の場合は金属のバネ(クラスプ)を他の歯にかけることで安定させます。

デメリットは保険内の入れ歯は、審美性や耐久性よりもコスト重視で、健康保険の規定があるため使用する材料、設計に制限があります。
プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすく、しやべりにくかったり、違和感が強かったりすることが挙げられます。保険適応のクラスプは安定力に欠ける場合があります。
歯の残り方や、噛み合わせ、顎の状態によっては、不向きなこともあります。
また保険で入れ歯を作った場合、一度作ると6ヶ月経過しないと病院を変えたとしても次の入れ歯の作り直しはできないいわゆる「6ヶ月ルール」が存在します

ご予約・お問い合わせはこちら 03-3545-1616 診療時間 月~木:9:30~13:00/14:00~20:00 金18:00まで 土16:00まで 休診日 日・祝祭日
メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されてる方はこちら審美歯科についてご興味のある方はこちら