お手入れ方法

お手入れ方法

お口の中には多くの細菌が常在しているので、入れ歯の表面には日々汚れが付着しています。そのため毎日の適切な清掃が必要で、これを怠ると入れ歯にもプラークや歯石が形成されてしまいます。こうした入れ歯の汚れがお口の衛生環境を悪化させて虫歯や歯周病の原因となることもあるため、入れ歯の毎日のお手入れが大切なのです。また、入れ歯に使われている素材はプラスチックや特殊な樹脂、金属など様々で、保存方法などに注意しないと入れ歯が脆く割れやすくなることもあります。適切なお手入れと保存方法を把握して、清潔な状態で入れ歯を気持ちよく使えるようにしましょう。

Point
食後には入れ歯および残っている歯をていねいに清掃しましょう。
就寝前には流水下で歯ブラシを使って清掃し、入れ歯洗浄剤に浸漬するか水に浸して保存しましょう。

入れ歯の清掃が不十分だと・・・

  • 義歯の汚れが粘膜に付着して潰瘍や口内炎の原因になります。
  • 口臭の原因になります。
  • 色素や歯石が沈着するようになり義歯が脆くなり壊れやすくなります。
  • 部分入れ歯の場合は入れ歯の支えとなっている歯が虫歯や歯周病になり易くなります。

■ 清掃方法

就寝前の歯磨きと共に入れ歯の清掃もするようにしましょう。部分入れ歯も総入れ歯も必ず外してから清掃してください。歯磨きをする歯ブラシとは別の歯ブラシ、または義歯専用のブラシを用いて流水下で汚れを落とします。義歯には目に見えない汚れも付いているので、ぬめりがなくなる様に全面を丁寧にブラッシングしてください。このとき歯磨剤(歯磨き粉)を使用すると、研磨成分により入れ歯の表面にキズが付いてしまうので使用しないでください。部分入れ歯のクラスプ(金属のバネ)の部分は細部まで丁寧に磨く必要がありますが、力を入れすぎると変形することがありますので軽い力で磨くようにしてください。定期的に市販の入れ歯洗浄剤を使用して殺菌、洗浄を行うことで清潔な状態が保てます。

■ 義歯の洗浄時の注意事項

義歯の洗浄に熱湯を使用すると義歯が変形、劣化する恐れがあるので使用しないでください。
取扱に際して義歯を落として破損させないように気を付けてください。
就寝時に義歯を外す場合は水中または洗浄剤に浸漬させて、義歯を乾燥させないようにしてください。
就寝時に義歯を外すべきか否かは、残っている歯の状況によって異なるため歯科医師の指示に従ってください。

■ 入れ歯洗浄剤の使い方

入れ歯洗浄剤は毎日使う必要はありませんが、週2回程のペースで使用すると義歯を清潔な状態で保つことができます。市販されている入れ歯洗浄剤は多種ありますが、入れ歯の種類によって適していないものもあるので購入前に歯科医師にご相談ください。洗浄剤に浸漬させる前に必ずブラシによる清掃を行いましょう。洗浄剤に浸けておくだけでは取れない汚れもあるのでブラシによる清掃は不可欠です。

ご予約・お問い合わせはこちら 03-3545-1616 診療時間 月~木:9:30~13:00/14:00~20:00 金18:00まで 土16:00まで 休診日 日・祝祭日
メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されてる方はこちら審美歯科についてご興味のある方はこちら